健太、日々の思うところ

日々の出来事やマンガを読んでの感想、考えたこと、広がった妄想など脳内シナプスが疑われそうな内容が繰り広けられる・・・はず・・・。 時々ふと我に返ったかのように、真面目なことを考えてみたり・・・ただいまブログさえ改装中

2017-06

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の日記

目次?

お隣さん

コメントありがとう!

健太
健太
夢の世界へ行きたいな

RSS - ADMIN

--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.21 Wed

タイトルなし [携帯から]
今週のエアギア見ましたか?
みなさん

大変おかしかったですね
はい

アポロン神が人間に炎をもたらした


大暮は書いていましたが、全くのおおぼらです。

人間に知恵をもたらすキッカケとなった炎をくれたのは

プロメテウス

です。

プロメテウスの火と呼ばれています。
因みに現代においてプロメテウスの火と呼ばれているのは核です。

神達の覇権争いが終わった後神の頂点に立ったのは、ゼウスでした。プロメテウスは弟エウリピデスと共にその闘いで、ゼウスに力を貸し、ゼウスから一目おかれていました

そのため、地上に動物をつくるように命じられます。
そして彼等は創った動物に次々と力をあたえます。
鳥には翼を
獣には爪もしくは牙などを
最後になってしまった人間には与えられる力が残っていませんでした。
そこで、プロメテウスは天界にしかなかった火を盗み人間達に与えます。

まぁ、これたがだいたいのあらましでしょうか?

本を読んだニュアンス的にはこの頃まだ、アポロン生まれてないんじゃないかな?

しかもかなりの人間の女の子に恋をしていることからも、人間の世界がそれなりに安定してから活躍した神と考えるのが自然かと。

因みにアポロンは太陽を司る神で、医術から音楽などの芸術をも支配する多才な神でした。
火というよりも光を支配していたようです。

それでは火を司るのは?

ときかれると

ヘスティア

という神になりそうです。

彼女はゼウスの姉ですが、ヘラと違い物静かな美しい神のようです。
かまどの神
燃える火の神として存在するようです。

一応私はギリシア専門の先生について勉強していたので、言わせていただきました。

因みにわたしゃプロメテウスがどうしても出てこなくて、ヘファイスト?いや違うなとか色々悩んでしまった。

ヘファイストは鍛冶の神なんですよ。

(プロメテウスに)もらった火から武器を創った



鍛冶の神



ヘファイスト



というちょっと変な回路が出来上がっていました。(笑)
 

Trackback URL

2007.03.24 Sat

アポロンについて [神話&神々の研究]
アポロンアポロン(アポッローン、’Απόλλων, Apollon)は、ギリシア神話に登場する青年神である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。